最新の投稿

フィジーなのにツバル?キオア島

2015.03.02UP

1月下旬に現地事業の為にツバル国に移動して2週間ほど滞在した後、フィジー諸島共和国にあるキオア島というところを訪れました。こちらも調査と事業の実施が目的です。
キオア島は1940年代に、ツバル国内のバイツプ環礁とニウタオ島の110人の家長によって購入された島で、フィジーにあるのに、ツバル人が住んでいる、とても興味深い島です。また、この島には、ツバルにはない「山」があります。ツバルが海面上昇で沈んでしまったらキオアに移住する!というツバル人にも会ったことがあります。

朝ごはんの一例、お米とヌードル以外は地産
キオア島でまず驚かされるのは、この島の地力の豊かさです。バナナ、パイナップル、マンゴスチン、パッションフルーツ等の南の島国を代表するフルーツ類、そして、キャッサバ、ジャガイモ、さつまいも、ナス、クレソン、などの野菜類。もちろんココナツやブレッドフルーツ、タロイモも豊富に取れます。それらすべてが自然農で栽培されています。
島の人達は自然農などという言葉は知りません。周りの草を刈り取って、作物の根本に乗せておけば、勝手に実が大きくなるんだよ!簡単だろ!?という話をよく耳にしました。
ツバルでは食べられない豊かな野菜と果実、これがこの島の大きな魅力となっています。
さらに素晴らしいのは、島内には車もバイクもありません。船外付きのボートは幾つかありますが、島の人々の足は、手製のカヌーです!これで畑にも行くし、豚に餌もあげに行きます。夜になると、海上に浮かんだカヌーから女性の歓声が聞こえる時もあります。趣味と実益を兼ねて釣りを楽しんでいるのです。
島に唯一あるデーゼル発電機では、夕方6時半〜夜の10時半まで、各家への送電のための発電を行っています。わずか4時間の電気供給ですが、ここではそれでも十分事足りています。
朝方のこの島の静けさときたら、それはそれは最高です。こんなにエコフレンドリーな生活を送っている人々がいるなんて!本当に驚かされました。

肥料もやらずにどんどん育つタロイモとキャッサバ(タピオカ)

フィジー特産のベレという木、若い葉を食べることができる。とても美味しい。

調理はもっぱら薪を活用。
1ヶ月の滞在中に、150人の島の人にインタビューをして写真を撮らせていただくことができました。その中で、「あなたは幸せですか?」という質問もしています。驚いたことに100%の人が満面の笑みとともに「幸せです」と答えてくれました。
最近は子どもの教育や、僅かですが電気代、お米や小麦粉なども買ったりするので、少しお金が必要になってきているキオア島の暮らし。女の人はハンディークラフトでお土産物を作って僅かながら収入を得ていたり、男の人は釣った魚を市場に卸したりと、それぞれ、少しのお金を作る努力はしていますが、原則として、お金がなくても生き残れるし、それだけではなく、この島にいれば「楽しく暮らせる」だから幸せなんだよ!という話を沢山の人から聞きました。
なんて羨ましい暮らしでしょうか? 私たちには、こういう暮らしから学べることが沢山あると思います。

ページを開く

山のツバルのご紹介

2010年4月 特定非営利活動法人 Tuvalu Overviewは新しい体験施設事業「山のツバル」を開始しました。ツバルへのエコツアーにおいて、ツバル的(日本で言うなら「身土不二」的)な暮らし方の体験プログラムを実施してきましたが、ツアー料金も高く、ツアー期間も長いため、多くの方に参加頂くことができないという構造上の問題を抱えていました。

その点を改善し、より日本の風土に根ざした低炭素社会の暮らしを実験し体験する施設を目指して、鹿児島の財部の山深くに眠っていた築80年の古民家を、体験施設として再生し、ここを拠点として「食の地産地消」「エネルギーの自給自足」を体現する施設・環境創りを実現するプロジェクトを2011年からスタートしました。

古くから日本に息づく暮らし、自然を敬い周囲の自然から分けて頂く貴重な資源を、無駄なく贅沢に使いこなす技、その技を磨いて多くの方々と共有することは、化石燃料に依存しない低炭素社会の基礎を創りだす貴重な一歩となることでしょう。

2010年11月から当団体の代表理事が住み込みで施設整備を進めています。この事業に対してのご参加、ご支援、ご協力をお待ちしております。お問い合せは下記までお気軽にお寄せください。

お問い合せはこちらからお願いします。 >> お問い合せフォーム(Tuvalu Overviewの問い合わせフォームが開きます)

特定非営利活動法人 Tuvalu Overview 代表理事 遠藤 秀一
〒110-0001 東京都台東区谷中7-5-5
電話 03-5834-1456 FAX 03-3821-7898

[企画・運営・主催団体]

NPO Tuvalu Overview
〒110-0001 
東京都台東区谷中7-5-5
電話 03-5834-1456
FAX 03-3821-7898

Return to page top

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD