最新の投稿

梅雨の合間に屋根の修理

2015.07.08UP

今年の梅雨は本当に長ーーーーーーい、、、梅雨です。それも鹿児島の梅雨の雨はゲリラ豪雨が降り続く感じの雨で、本当にうんざりします。雨が降り続くと、まず、カビ、至るところがカビ始めます。そして、雨漏り、それから、がけ崩れ、、、、中でも雨漏りは、構造体の痛みにもつながるので、梅雨の合間を活かして、その都度修繕します。

ここは、薪ストーブを導入した時に、母屋の屋根を垂木ごと切り取って、スペースを作ったところです。80cm×80cm程度の切り欠きなのですが、これだけ激しい雨が降り続くと、ここから落ちてくる雫も馬鹿にできない量です。勢いで屋根を切り落とした設置工事の様子は、こちらから。

足元はいつもビショビショ、、、風向きによっては部屋の中に水が侵入してきたりもします。柱の足元に蟻の巣ができ始めていたので、いよいよダメだな〜 ということで、煙突の切り欠きに屋根をはめ込むことにしました。ジメジメした木部にアリが蟻道を作り始めると、その次に、シロアリが入ってくるのです。
瓦屋根に薪ストーブの煙突を貫通させるのは結構お金がかかるので、サンルームのようなものを増築して、そこに薪ストーブを設置するなど、工夫をしないととんでもない出費につながります。例えば「瓦屋根用フラッシング」は部材だけで139,000円もします!もちろん、そんなお金はないので、自分で作ります。今回もできるかな???と思いながらスタート、、、

近所の廃屋を取り壊した際に貰ってきた鉄板。これを加工して屋根を作ってみます。

だいたいこんな感じ?という型紙を作って、現場合わせ。この時、最初に屋根の下地を作ってから採寸するべきだったな〜 と後になって反省。。。

0.27mm厚の鋼板は、カッターで傷をつけて、綺麗に曲げることが出来ますが、傷が深すぎたり、強く曲げすぎたりすると切れる場合もあるので、慎重に作業を進めます。

とりあえず、第一段階の屋根は完成。まだ、煙突と支柱の周辺には隙間があるので、それを防ぐ屋根の部材を作ってこの上に載せます。

屋根が30度の傾斜なので、煙突の断面が楕円形になります。コサインだったかサインだったかな〜?とか思いながら、MACでさっくり楕円を描いてプリントアウト。学校の勉強はなかなか活かすところがありません。(笑)

もう一回、現場合わせ。支柱の周りのスペースが傾斜分ずれていなかったので、補正します。

実際に鋼板で作ってみると、煙突周りの隙間が大きめです。アルミフォイルを下地に入れて、耐火パテで塞ぐことで妥協します。

パテを入れて、塗装をして、完成!雨のやみ間を利用しての作業だったので、1週間ほどかかってしまいました。 現在洋上にある3つの台風が最初の試練になりそうです。煙突まわりの耐火パテが、煙突の揺れに追従できるかどうか?ちょっと不安です。
塗装するのだったら、鋼板の無塗装の側を表にして作ればよかったな〜 などど、今頃反省。それから、屋根の垂木を切るときはくれぐれも慎重に、本当に切っていいか?じっくり考えてから事に及ぶことが大切です。垂木を残しておけば、もう少し簡単に屋根が作れたかな?とも思いました。

ページを開く

山のツバルのご紹介

2010年4月 特定非営利活動法人 Tuvalu Overviewは新しい体験施設事業「山のツバル」を開始しました。ツバルへのエコツアーにおいて、ツバル的(日本で言うなら「身土不二」的)な暮らし方の体験プログラムを実施してきましたが、ツアー料金も高く、ツアー期間も長いため、多くの方に参加頂くことができないという構造上の問題を抱えていました。

その点を改善し、より日本の風土に根ざした低炭素社会の暮らしを実験し体験する施設を目指して、鹿児島の財部の山深くに眠っていた築80年の古民家を、体験施設として再生し、ここを拠点として「食の地産地消」「エネルギーの自給自足」を体現する施設・環境創りを実現するプロジェクトを2011年からスタートしました。

古くから日本に息づく暮らし、自然を敬い周囲の自然から分けて頂く貴重な資源を、無駄なく贅沢に使いこなす技、その技を磨いて多くの方々と共有することは、化石燃料に依存しない低炭素社会の基礎を創りだす貴重な一歩となることでしょう。

2010年11月から当団体の代表理事が住み込みで施設整備を進めています。この事業に対してのご参加、ご支援、ご協力をお待ちしております。お問い合せは下記までお気軽にお寄せください。

お問い合せはこちらからお願いします。 >> お問い合せフォーム(Tuvalu Overviewの問い合わせフォームが開きます)

特定非営利活動法人 Tuvalu Overview 代表理事 遠藤 秀一
〒110-0001 東京都台東区谷中7-5-5
電話 03-5834-1456 FAX 03-3821-7898

[企画・運営・主催団体]

NPO Tuvalu Overview
〒110-0001 
東京都台東区谷中7-5-5
電話 03-5834-1456
FAX 03-3821-7898

Return to page top

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD