蜂の巣箱の掃除

暑さが納まった4時頃、巣箱の入り口ユニットの交換をしました。一夏超して、勢いは強いまま、8月末に大きめの巣箱を下段に付け足した直上まで巣板が下がってきているようです。今年は採蜜が出来そうな気配ですね。

こちらは巣箱の下の板。手前になにやらありますが、これがスムシの巣

1ヶ月放置するのは危険かな?とも思いましたが、どうにか間に合ったようです。このスムシがもう少し大きくなって、上の方に登っていくと、巣板の間などに入り込んで、巣がやられてしまいます。2週間か遅くても一月ごとに入り口ユニットを交換して掃除をしておけば、スムシ対策はどうにかなりそうです。

勢いがない方の巣箱の中は相変わらずリンゴ程度の大きさの巣に、多く見ても100匹程度の蜂がいるだけの状態で、変わらずの様子。底板にはゴキブリの糞が沢山落ちていたのですが、ゴキブリは見あたらず。冬が越せるかどうか心配です。

コメントを残す