スズメバチ大発生

台風の影響で1日遅れで東京から戻ってきてみると。。。巣箱ハウスにオオスズメバチが5匹たかっていました!蜜蜂は全部巣箱の中に隠れているようですが、スズメバチは巣門をガリガリとかんで穴を大きくしようとしています。大急ぎで駆け寄って、ハエたたきで叩き殺します。

親指ほどの大きさのオオスズメバチ、羽音も大きくて、慣れるまでは近づくのも怖いものです。今年の猛暑のせいでスズメバチは大発生しているようで、黄色スズメバチもオオスズメバチも、入れ替わり立ち替わりやってきます。黄色スズメバチは蜜蜂を1匹ずつ取ってどこかに運んでいきます。多分、巣に持って行って餌にするのだと思います。オオスズメバチは5・6匹で来襲して、巣門の拡張を試みています。大きな穴が空けば、そこから巣箱の中に入って、なにもかもを食べ尽くしてしまうのでしょう。。。

ペットボトルの罠にも一日に2匹位ずつ入ってきます。100%のブドウジュースを入れて、2・3日して発酵し始めた頃が一番効率が良いようです。

もう一つの元気の無い巣箱の方は、相変わらず、リンゴ大の大きさの巣を、100匹にも満たない蜂が世話をしています。ゴキブリが住み着いてしまって、多分、蜜も食べられていただろうし、蜜蜂の亡きがらも食べられていた形跡があります。対策として、ゴキブリホイホイを巣箱の中においてみましたが、蜜蜂も間違って入ってしまうので、あまり良い方法ではなさそうです。また、餌を使って退治する製品も試してみましたが、なぜか、蜂もその餌を食べたようで、一晩で10匹ほど死んでしまったので、これも却下。結局、巣箱の中を逃げ回るゴキブリを竹串で刺して退治しました。

しかし、今日、巣の底を見ると、なんと、女王蜂の亡きがらが落ちていました・・・最初、雨戸の戸袋に巣をかけたときは、もの凄い勢力を誇っていた群れの女王蜂の最後の姿です。

庭の田の神様の脇にそっと埋葬しました。残された群れは冬を越す前に消滅することになるのでしょう。。。

コメントを残す