3ヶ月も留守にすると・・・

1月からツバルでプロジェクトを進めて、昨日、3ヶ月ぶりに山のツバルに戻りました。去年伐採した杉の木と枝がやはり積み上がったまま・・・当たり前ですが、、、季節も良くて、雑草も勢いよく育っています。このままでは、お化け屋敷になってしまうので、大急ぎで草刈りをして、杉の枝葉の整理を進めなければなりません。

その前に、雨戸を開けて風を通して、掃除をして・・・と作業を進めていたら、寝室の雨戸の戸袋の中から懐かしい羽音が聞こえてきました。なんと、、、この春の分峰の際だったのでしょう、蜜蜂が戸袋の中に巣を作ってしまっていました!これはまさに嬉しい悲鳴です。

雨戸を外して、戸袋の中を覗いてみると、なんとも大きな群れがウワンウワン唸りを上げています。これは困りました・・・

こんな大きな隙間のある巣ではすぐにスズメバチにやられてしまうでしょうし、雨戸を収めるところもありません。戸袋を分解して巣を取り出して、別の箱に移さなければなりません。もちろんそんなことやったことはありませんから、どうすればいいのか途方に暮れています。

3ヶ月も留守にすると予想も付かないことが起こりますね・・・

コメントを残す