ソーラー電柵

山のツバルの庭には50坪ほどの自然農の畑があります。自然農の畑はミミズなどの生き物がたくさんいるので、アナグマの食事所としては最適なようで、良く荒らされます。畝の側面に大きな穴を明けたり、表面をグチャグチャに荒らしてしまったりと、なかなかの暴君ぶりを発揮します。

これから夏野菜の苗を下ろす前に、電柵を設置しました。新しくソーラータイプの電柵にします。電池も内蔵されているので、一年中、多少の漏電も気にすること無く使用できそうです。

立派なアース付きで販売されています。スイッチもシンプルで使いやすくできています。

購入後、裏ぶたを開けて電池を接続して電柵に接続すれば完成です。そのうち、田んぼの電柵もこれに変えたいところですが、盗まれる可能性があるので、検討中です。

コメントを残す